カテゴリー「インテリア・DIY」の9件の記事

2013/02/18

洗面所をかわいく

冬は寒いので、部屋以外の場所の気温が低くなりがちですね。我が家も例にもれず、リビングのすぐ隣にあるのに、洗面所は5度以上の差があります。当然寒いので必要最低限のことしかしませんが、もとから我が家の洗面所は、プラスチックのトレイとか洗濯物の山とかで、あまりかわいいとは言えない空間です。

そこで、今回は洗面ボウルの上部のトレイ部分にカバーをかけてちょっとかわいくしてみようribbonと思い立ちました。

現在家族それぞれの洗面用品がランダムに置かれ、とってもゴチャゴチャした空間になっていますbomb

Before

この洗面所は、両サイドの小物置き場に2本のバーがわたっており、そこにプラスチックのトレーが引っかかっているデザインになっています。トレイにはブラシやヘアピンなどが置かれていて、面積の割にもったいないな。。。think

Goon

…で、100均でかごを買ってきて、トレイを片側に寄せ、隙間にかごをはめ込んでみました。ここにブラシを入れれば、長細いトレイにいろいろ置けるぞ~flair

…でもなんだかかわいくない。

After

ということで、トレイとかごに、布でカバーを付けてみました。

Basket

バスケットは、上部にレースを付けた綿麻キャンバス地でカバーをかぶせ、以前スイーツデコにはまっていたとき作ったクリップで止めました。ついでにミッキーのチャームもつけちゃえ。さらにくるみボタン(しつこい?)

Tray

トレイ用の布は、下がり部分にトーションレースとリボンheartおまけにビーズも出てきたのでぶら下げて見ました。

水が跳ねる場所なので、これ以上やると…で、これで出来上がりということにしました~

寒々とした洗面所も少しは楽しい(!?)空間になるといいなぁ…apple

Hakushua_2

| コメント (0)

2010/06/06

育てる!クワズイモ君

今年の3月に、100円ショップでクワズイモを買ってきました。根っこが土の上に半分出ていて、葉っぱが1枚付いています。店頭で、できるだけ元気そうなのを選んで買って、帰ってみたら・・・

車の荷台に乗せていたのが動いて、ぬゎんと1枚きりの葉っぱがちぎれていたのです

(´Д⊂グスン

でも、とりあえず小さな鉢に植え替えてしばらく窓際に置いていたら、新しい葉っぱが出てくれました。ヽ(´▽`)/ わ~い

Kuwazuimo201031

左側に倒れてるのがちぎれちゃった葉っぱです。かわいそ!

そのあと着々と葉っぱが出てきて・・・(*゚ー゚*)

Kuwazuimo2010423

4月の終わりには2枚目の葉っぱも大きく伸びて来ました~notes

さらに・・・

Kuwazuimo2010517

5月の半ばには3枚目の葉っぱが大きく上に伸びました。鉢も一回り大きなものに植え替えました。とっても元気heart

Kuwazuimo201066r

そしてこれは今朝のクワズイモ君です!葉っぱも4枚目が大きく伸びてぐんぐん成長しています。また大きな鉢に植え替えちゃおうかな~~(*^.^*)

そろそろ窓際のスペースに奥には手狭になってきました。うふふ

ちなみに、右側の窓のところに小さく写っているのは娘が買った「シンゴニウム」という観葉植物なのですが、、、

「私のお部屋に置くっsign01」とかいって、買ってから1カ月くらい、水やりもせずにほっておかれたコです。たまに見に行くと、カラカラに乾いて葉っぱもしおれかけているので、このリビングの窓際に移動して、私が水やり・・・葉っぱが元気になると、娘がまた自分の部屋に持って行って、世話をしないので、しおれかけ・・・私がリビングに・・・

を繰り返していたのですが、あんまりかわいそーなので、クワズイモ君が小さかった時に使っていた鉢に植え替えてあげると、ずいぶん元気になりました。

この娘に「犬を飼いたい」とか言われ続けても、絶対にウンといえない私の気持ち・・・分かっていただけるでしょ~か・・・。

「植物ひとつ面倒見れないのに、犬なんて絶対無理なんだからねッ(`Д´)sign03

と私が言ったら、その後お水やりに気を遣うようになりました( ´艸`)プププ

まずはここから。始めの一歩・・・。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ
にほんブログ村


| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/06

作る!流木のはしご

去年の春、沼津に旅行に行った折に、海岸で流木をたくさん拾って帰りました。その時の流木を麻縄で結んでつなぎ、はしご状のオブジェを作りました。

Ryuboku1_2 玄関を入ってすぐ正面の壁に取り付けてあります。

当時4年生の我が子達に「登って遊ぼうとしたらだめだよ」と言ったら、「そんなことするわけないじゃん・・・」と呆れられました( ̄◆ ̄;)

小さい子なら、登りたくなってしまいそう・・・と思ったのですが・・・。自分が思うより子供は成長していたらしく、時の移ろいは早いものです。。。

数にするともっとたくさん持って帰ったのですが、幅をある程度揃えて、バランス良く配置しようとすると、結構自分の好みに合った流木は限られてしまい、7本で作ることになりました。

残った太めの流木は、ドリルで穴をあけ、エアプランツなどを飾って玄関にしばらく置いてあったのですが、日が当らないせいか、枯れてしまいました。(エアプランツって枯れるものだったのですね・・・)

写真に残していなかったのが残念ですが、結構かわいく出来てたんですよ~~。

Ryuboku2_2

遠目に写すとなんだか迫力にかけるなぁ。実物はもう少しかっこいいんだけど。。。近くからもう一枚。。。う~ん・・・。

仕方ないですね~。最後にもう一回アップでディテールを載せよう(しつこい)

しかし、沼津というところは、とってもすがすがしいところでした。海岸沿いに富士山がバッチリ見えて、沼津御用邸内をお散歩したのですが、広くて気持ちのいいこと。中も見学でき、お抹茶も頂きました。

お魚もおいしいので、お寿司をいただきました。シラスの軍艦巻きがおいしいそうで、いただいてみると新鮮で~珍しかったです。生の透明なシラスなんですよ~。さくらえびのかき揚げとおそばもおいしかったです。

しかし、海岸は・・・。広いのですが、近づいてみると、ゴミがたくさん落ちています。缶やビンやペットボトルなどはもとより、ゴム長靴や、発泡スチロールの箱、果てはテレビなんかもまるごと捨ててあったり・・・。

ひどかったです~。美しい自然を汚して行ったら、いずれは自分たちに返ってくるんだから・・・と、なるべく捨てるごみが少なくなるように努めようと思うのでした。

Nunadu

沼津海岸からの1枚です。美しい眺めですよね~。富士山って本当にきれいな形をしてるんですね。どこから見ても絵になるし、見られただけで得した気分(*^.^*)

Ryuboku3

最後に・・・どうしても見てほしい流木写真。波に削られて丸くなったり、なめらかになったり・・・それぞれとっても良い味を出しています~。自然の力ってすごいですね。

今日も遊びに来てくれてありがとうございました。サイドバーのティールームに新しく、

「* 作品のもくじ *」というページを作りましたので、そちらも是非のぞいていってくださいね~~~!!ではまた (/ ^^)/アリガトネ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へrun     run     run     fish     horse     snail


| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/27

作る!木製の糸立て

布の種類が増えるにつれて、同じように増えるのが糸の種類ではないでしょうか。そして同色のボビンも共に増えるにつれ、糸が絡まってグチャグチャに・・・。そこで、簡単にできるお手製の糸立てを作ってみました。

大きさは、40センチ×9センチ、高さは約10センチほどです。ボビンも乗せられるように、棒は長めに作りました。材料費は300円ほどです。

材料の板は、ホームセンターで購入しました。下の板はDIYコーナーの端材のなかから、自分の作りたい大きさの板を選びました。これが50円でした。すごく表面がきれいな板で、お買い得でしたheartそして、糸を立てる丸いヒゴ状の棒(ここでは直径5ミリ)60センチを2本ほど。これが200円でした。

Itotate5

出来上がりは、こんな風になりました。大きい糸巻き用に6本、普通サイズの糸巻き用に14本、計20本分がとれました。糸を板の上に並べて実際の間隔を見ながらしるしを付けて行きました。なので、20本とキリの良い数字になったのですが、これは偶然で~す。

板の表面に穴をあけるしるしを打って、電動ドリルで穴を板の厚みの途中まで掘りました。感覚だけなので、深さは一律ではありません・・・ヒゴの長さは2種類、きちんと図って切りましたが、埋まっている長さがマチマチのサイズなため、上の部分がピッタリ揃っていません ι(´Д`υ)アセアセ

ヒゴの切り口や、ドリル穴の部分は軽くサンドペーパーをかけました。

Itotate4

ちょっと小口にもスタンプを捺してみました~(*゚ー゚*)スタンプが乾いたら、木工用ボンドを端に少し付けてから穴に差し込み、上からハンマーでトントンしました。

Itotate3

すべての糸と同色のボビンを一緒に立てられるようにヒゴの長さを決めています。これで、袋の中をゴシャゴシャ探さなくても良くなりました(*^.^*)

Itotate1

糸が全部うまると、レースのスタンプがきっと見えなくなってしまいますね~私は使う布にキナリが多いので、色の糸はあまり持っていません。なので、20本分の糸立てを作りましたが、まだ余裕がありましたので、まずはレースのところをよけて糸を置きましたheart04

Itotate2

さて、困ったのが収納場所です。いままで袋にまとめて入れていたので、引き出しにボソッと入っていたのをどうするか。。。しかも、幅40センチと、長いので、ちょっとした隙間にはおけないんですね~。さしあたって、しまう場所がないので、キャビネットの上に置いて飾っておくことに・・・ホコリかぶりそう。゜゜(´□`。)°゜。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ ←楽しんでいただけましたか~heart04いつもご来場ありがとうございますmobaq


| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/11

飾る!乙女なフロアスタンド

我が家の寝室にプレーンシェードのフロアスタンドがあるのですが、ちょっと普通すぎるのでビーズでかわいくデコレーションしてみました。

Stand1

シェードの下、円周に、トーションレースを貼り付けて、ビーズを組み合わせたパーツを何種類ずつか作って、規則的にぶら下げました。スワロフスキーやチェコビーズを使っています。乙女チックな感じになりました。

Stand2

全体をみると、雨が降っているようなデザインに・・・パーツを46ヶ所分作って取り付けるのは結構ホネでした。シェードだけ見るとうるさいような感じを受けるかもしれませんが、もっと引いて見ると、案外目立ちません。

Stand3

プルコードもビーズをテグスに通して、長めに延長しました~。家族は気が付いてくれるでしょうか・・・。家族のメンバーは、私が何かを作って置いたり飾ったりしたものに気が付く順番がたいてい決まっており、娘が一番よく気が付き、順に息子、主人の順番で鈍感になっていきます ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

このフロアスタンドの装飾も、夫婦の寝室にあるにかかわらず、娘が一番に気が付き、最後に気が付くのはきっと主人でしょう・・・。自分がやりたくてやってることだから別に良いんですが・・・。やっぱり気が付いて欲しいかな~。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ ←楽しんでいただけたら pochi お願いしま~すnotes


| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/31

作る!簡単 飾り棚

ちょっとした手作り小物の完成写真を撮るとき、もっとステキに見えるように撮るには?と考えてみました。これまでは、白いクロスを広げて、その上に置いて撮ったり、背景を片づけてから作品を置いたりしていました。そこで、色々な方のブログを見てみると、ディスプレイ用の小さな壁掛け式飾り棚に作品を載せて、かわいく撮影されている方が結構多くいらっしゃいました。

私もあんな飾り棚が欲しいな・・・と思い、通販などで探しました。何点か簡単な飾り棚を見つけましたが、フックが付いていなかったり、棚板の奥行きが薄すぎたりして、自分の希望にピッタリ合った商品はありませんでした。値段も2500円前後と結構していたので、中止に。

そこで次に良く行く雑貨屋さんに行ってみると、ものすごくかわいい白い飾り棚を発見しました。しかし、値段が6000円以上もして・・・!上部に扉付きの収納が付いていて、ハンガーフックもついていて、最高にかわいく、イメージ通りだったのですが・・・高すぎる~断念 。゜゜(´□`。)°゜。

仕方ない、ちょっと作ってみよう・・・いつもの思いつきで、紙に絵を描いて寸法をだいたい決めたら、100円ショップに行ってみました。桐や杉のベニヤ板が売っていたので、寸法を見て3枚購入。サンドペーパーと補強用のL字金物を買って帰りました。(補強金物は使いませんでした) ハンガーフックはかわいいのがないから、家のキッチンに使っていた金具を取り外して使うことに。あとホームセンターでラッカーを200円で購入して、制作開始です~。

Kazaritana08

4時間ワープ!結論から申しまして、こういう飾り棚が出来上がりました。

今回の棚を作るのにかかった材料費は、700円ほどです。

出来上がり寸法は W=450㎜ H=150㎜ D=100㎜ でした。

正式な作り方というわけではないですが、この飾り棚を作った手順を簡単にご紹介したいと思います (。・ω・)ノ゙

Kazaritana01

まずは材料から・・・

買った材料以外に、ノコギリ、糸のこ、木ネジ、ドライバーなどが必要です。

Kazaritana02

棚板と背板は、買ったままの寸法を利用しましたので、加工は不用でした。側板のみ加工しました。まず紙に原寸大の線を描き、それをベニヤに転写します。角の部分は直角でないと、3枚の板の接合部がきれいにできないので、両端から1枚ずつ、板を取ります。

Kazaritana03

ザックリとのこぎりで余分を落としたら、糸のこで、細かい部分を切り取ります。材料が桐だったので、大変柔らかく、加工が容易でした。非常にガサガサしていますが、サンドペーパーで軽くヤスリをかけます。ナチュラルテイストを目指していますので、多少のズレは、気にしない・・・(いつもこれ)

Kazaritana04

これで材料がそろいました。上のが棚板、真中のが背板です。

Kazaritana05

木ネジで留める位置を鉛筆で薄く入れた後、木工用ボンドで仮止めしました。

Kazaritana06

ボンドが乾いたら、木ネジで留めていきます。テーブルの角などを利用して、すこしずつずらしながら作業を行いました。

Kazaritana07

しっかり固定したのち、鉛筆のアタリ線を消して、ラッカーで塗装しました。乾くと透明っぽくなったので、2度塗りしました。もうちょっと木目が透けている方が、ナチュラル感が出たかもなぁ~と思いました。

天気がよく、日差しも強かったので、30分~1時間で乾きました。

Kazaritana09

棚板の下にフックを取り付けて、壁に設置したら出来上がりです (*^.^*)

小さなバッグなどはそのまま掛けて撮影でき、ストールなどはかわいいハンガーに掛けてからフックに掛ければ、素敵な写真が撮れそうです。上部の棚板に見立てた部分に小物を載せて撮影しても、かわいいかも・・・ここに置いて撮る作品第一号は何にしようかしら・・・ ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

ごくごく簡単な作りの飾り棚なので、強度的には問題があり、植木鉢など重量のあるものや、ガラス製のものなど、落ちたら危険なものは飾れませんが、手作り小物のディスプレイ台としてなら、役に立ってくれそうでーす。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/29

階段の手すりをロートアイアンで

家を建てたときに、階段の手すりを特注で作ってもらいました。設計段階では白いクロス張りの10㎝厚くらいの壁が手すりを兼ねたデザインになっていましたが、圧迫感があったので、ロートアイアンで作ってもらうことにしました。 ハウスメーカーさんから小さな工房を紹介してもらい、手書きの図面を持ち込みました。 その工房はポストやサイン、ランタンやフェンスなど、さまざまなオーダーにこたえてくれる個人が経営されている工房で、手すりを作ったことはあまりないようでしたが、引き受けてくださいました。

Tesuri1

工房で扱っていた出来合いのパーツを、数点組み合わせてできた手すりが上の写真です。゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

Tesuri2

手すりの一番下に付いているのが、お気に入りの☆揺れる星☆です (*^.^*)ずいぶん下の方に付いているので、あまりお客様にも気付いてもらえませんが、これはどうしても付けてほしくて、わがままを言いました。本当にプラプラと揺れるんですよ~いい年をしてこんなことを言ったので、工房の人に笑われたのを覚えています。

当初の夢は、1階にリビングがあって、部屋の中に階段があるインテリアを目指していたのですが、結局購入した土地は、日当たりが悪かったせいで、リビングが2階になってしまったので、プラン通りにいかなかったのです。リビングに階段があれば、この柵はもっといつも、眺めていられたのにな~と、残念です。

Tesuri3

Tesuri4

上の2枚の写真は、工房にあったモチーフ部分です。他にもかわいいパーツがたくさんありましたが、そんなにあれこれ付けられませんから、迷いました ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

Tesurisketch1

上のスケッチは、自分で書いて実際に工房に持って行ったものです。本当に忠実に作ってくださって、出来上がりを見たときは本当に嬉しかったのを覚えています。

Tesurisketch2

こんなテキト~なスケッチを現物にしてくれるんですから、やっぱりプロですね~

それにしても、お願いした工房の方たちは、とっても楽しそうでした・・・。あんなお仕事素敵だな~と、思ってしまいましたheart


| コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/01

自分でできる!椅子の張替え

ダイニングチェアって、食べ物や飲み物をこぼして結構汚れるものですよね。そして洗濯機で洗えないのが悩みどころです。私はそんなダイニングチェアなど小さい椅子の生地を張替えるのが大好きなのです。そこで、イメージチェンジも兼ねた椅子張地のカンタンな張替え方の一例をご紹介したいと思います。座面が椅子本体から外せるものであれば、大概の小椅子は張替ができると思います。

※ここでは表面の生地を張替えるのみで、内部のウレタンクッション等を付け替える所までは行わない、ということで話を進めています。ご了解くださいね (o^-^o)

00_2

準備するもの:

ドライバー(電動ドリルがあると作業が楽ですが、普通のドライバーでも)

タッカー(ホームセンターで1000円までで購入できると思います、写真はギスケというメーカーのホーム用タッカーで700円くらいでした)

裁ちばさみ・ペンチ

椅子張り用の布:少し厚めの方が丈夫で長持ちしますが、厚すぎると張りづらくなります

さて、一脚あたりの布の大きさは、幅(W)と奥行き(D)それぞれに、座面の厚み(T)と留めしろ(各5㎝程度)を足した大きさが必要です。

たとえば、幅42㎝、奥行き40㎝、厚みが4㎝の座面の場合、必要な布の幅は、

42㎝+(4㎝×2)+(5㎝×2)=60㎝

また、奥行きは

40㎝+(4㎝×2)+(5㎝×2)=58㎝

ということになります。いずれにしても標準的な小椅子の場合、 60㎝四方程度の布が必要だということになりそうです。同じ布でお手持ちのすべての椅子を張替えたい場合は、あらかじめ足りるかどうか良く計算してから作業にはいると安心ですね。

と、ここまで読んでウンザリした方・・・大丈夫です、面倒な作図などはありません。鉛筆さえいらないかも・・・。まずはご一読ください ヽ(´▽`)/

01

まず、張替え前の椅子です。手前の座面のヘリが一番布が傷みやすい個所です。ここが擦り切れたり、汚れがひどいと思った時が張替え時でありましょう。

02

まず椅子を裏側から見てください。ビスの穴があって、ねじで留めてあるのがわかります。今回、椅子の張替えができるかどうかは、「椅子本体から座面が取り外しできる形状であるかどうか」で決まります。今回ご紹介するのが、こういった座面を外せる椅子に限られてしまうことを、ご了承ください。

03

まずドライバーで座面を取り外します。椅子を裏面からのぞいたりすることはほとんどないと思いますが、一応薄い不織布で化粧張りしてあったので、これを丁寧にはがします(これは毎回最後に貼り戻します、こういったものがあったら、捨てないでください)

04

現在使用していた張地が出てきました。実はこの張地は3回目の張地で、自分で張替えたものなので、いい加減に張ってあるのがお分かりになると思います (;´▽`A``

05

タッカーの針を外していきます。この針を外す道具は、タッカーを買ったときに付属していたもので、大変重宝です。タッカーを新しく購入される方は、これが付いている商品をオススメします。ない場合は、目打ちなど先のとがったものを差し入れて、てこの原理で針を浮かし、ペンチなどで抜いてみてください。けがをしないようにご注意ください。

06

針を全部取って、布を広げたところです。その下にさらに張ってある白い布が実はこの椅子を購入したときの布なんです。でも、タッカーでびっしり留めてあり、とても全部外す気になれなくて、この上から新しい布を張ってしまいました。スイマセン

でも、この白い布を外してしまうと、ウレタンなどの詰め物がバラけてしまう可能性もあるかな・・・と思いまして、初めて張替えられる方も、元が薄いものなら上から張ってしまう方が楽かな~と思います。重ねてスイマセン

08

布を実際座面の下に置き、厚み+5㎝程度のとめしろを足した寸法で、ハサミでジョキジョキ・・・切ってください。2回目以降のかたは、捨てる方の張地を重ねて、同じ形に椅子の本数分裁っておくだけでいいですね (* ̄ー ̄*)

09

新しい布を裏返しに置き、座面を裏向きに中央に置いて、(表から見た時の柄の出方や、布と座面の向きを確認してください)布を四方から寄せて、足りない部分がないように配置します。

10

まず4辺の中央(丸印)のあたりから、タッカーで留めていきます。少し引っ張り気味にすると、張り上がりがきれいなようです。必要に応じて、角をのぞいた部分も留めてください。次に張替えるとき、外すのが面倒なので、私は最小限しか留めません。7~8㎝おきに一か所留めれば十分だと思います。

※きちんとした業者さんのHPを見てみたら、先にコーナーを決めてから四辺を留める方法を説明してありました ι(´Д`υ)アセアセ

たびたびスイマセン・・・なにぶんシロウトなもので・・・。その椅子は角がゆるい丸カーブになっており、ギューっと布をひっぱって、しわを表に出さないように上手に留めていました。

う~ん、さすがはプロですな~。ここで紹介する方法はほんの一例ですので、他のサイトもご参考になさってください。人( ̄ω ̄;) スマヌ

Kado1

 角の止め方は2種類ご紹介します。まずは両端を先にタッカーで留めてから、真中を最後に留める方法です。すると、仕上がりは下の写真のようになります。

Kado11

Kado20

 もう一つは、座面のサイドを先に固定してから、ギャザーを寄せるようにして、座面の前面の布を織りこむ方法です。仕上がりは下の写真を参考にしてください。

Kado21

う~む・・・あんまり上手じゃないけど・・・いずれにしても、座ってしまえばほとんど気にならない部分でした。しかしプロの張替屋さんに見つかったらどやされそうですな。

11_2

そして張り上がったら、表からみて、不自然な部分がないかをチェックしておくといいと思います。このように、非常にテキトーな張り上がりですが、このくらいいい加減にやることで、次回も、そろそろ張替えようかな~と、気軽に思い立てるというものです。わはは~

12

取って置いた化粧張り用の不織布を、再び留め付けます。そして、いよいよ椅子に取り付けるわけですが、その前にひと手間を。ビスをねじ込むときに、座面側にもビス用の穴があいているのですが、椅子生地を新しくしたことで、穴が開いていない状態です。

そこで、指先でビス穴の位置を探って、(不織布を張る前にやっておけば少し生地をめくってみることができますね)目打ちのようなとがったもので、あらかじめ布に穴をあけておきます。そうすることで、座面のビス留めが楽に行えます。

※ほんとは・・・ビス穴の位置にある布を四角く切り取り、その周りをタッカーで留める、という大変丁寧な方法が。しかし、手間がかかるので割愛ということで・・・。

14

そしてあとは、座面を本体に再び取り付けるだけです。片手で押さえながらビスを打ち込みましょう~。

Dekiagari

今回は大きな柄の生地を使ったので、それぞれ柄の出方が違って面白かったです~。

我が家のダイニングチェアは4脚あるのですが、2脚張替えたところで娘に、

「前のが良かったな~・・・( ̄○ ̄;)!」と言われたので、2脚はそのまま残しておくことにしました。変なの~。

もっと丁寧な張替え方もありますし、裏から見れば生地の端の始末もしていないので美的にはあと少しではありますが、なにせ簡単にできることを最優先にした方法です。中身のウレタンクッションから取り換えるとなると、それはもう大変な作業になってしまいます。あくまでも、表面上の汚れた生地を張替えるだけなら・・・。ということで、作ってみたページです。他の記事などもご参考の上、いいとこどりでご利用くださいませ。

季節や気分、流行などによって、模様替えをするような気分で気軽にトライしてみてくださいね ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ


| コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/27

椅子張地の張替え

Chair
ホームセンターで買ってきた普通の折りたたみ椅子でしたが、青いビニールクロスがかかっていたので、味気ないな~~と思い、手持ちの布に張替て、イメージを変えてみました。ビス止めを外せば案外簡単に分解できて、ビニールクロスも手でちぎって外せました。

はがしたクロスと同じ大きさに張地をカットし、タッカーで裏を止めて、組み立てるだけです。

同じ調子でダイニングの椅子の張替もたまに行います。

「自分でできる!椅子の張替え」では、椅子張地の張替方法の手順の一例をご紹介しています。ご興味のある方は是非ご覧になっていってくださいnote

今までに3回くらい張替ましたが、夏前にまた張替予定です。たまに新しくすると気分も晴れやかになりますよね。

4脚あるので、時間がかかりますが、半日あればできちゃいます。布地のチョイスは私の独断と偏見ですが、家族はそういうことに関しては文句を言わないので、ありがたいです。

でも、主人は張地が新しくなったことにも、気がつかずにいると

きが多く・・・

それはそれで、張り合いがないものです (lll゚Д゚)ウソデショ・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ


| コメント (0) | トラックバック (0)