« 作る!シザーキーパー試作 | トップページ | 作る!ハートバッグのチャーム »

2011/05/07

作り方!シザーキーパー

今回はシザーキーパーの作り方の一例をご紹介したいと思います。

シザーキーパーにも、いろいろなデザインがあると思いますが、くるみボタンを2枚合わせて作った今回のデザインでのご紹介です~

Scissorskh6

出来上がりはこんなup感じです。前回はトーションレースを縫い付けたシンプルなデザインでしたが、今回は麻キャンバスにくまちゃんを刺しゅうしてみました。

まずは使用した材料のご紹介ですclover

・くるみボタン27ミリを2ケ

・タッセル用にリリアンの糸

・麻キャンバス地 10センチ×20センチくらい

・サテンリボン 20センチくらい

・刺しゅう道具と糸

・木工用ボンド など

では、以下作り方の手順です(*゚ー゚*)

Scissorskh1_2

upwardrightまずくるみボタンをふたつ作ります。男の子と女の子のくまちゃんを1匹ずつ刺しゅうしました。小さいところに小さく刺しゅうするのって結構むつかしいんですね~

ここですでに、少し肩が凝っちゃった。。。

Scissorskh2

upwardright次に、一方のボタンの裏側の糸を通すところを利用して、タッセルとつり下げ用の紐を結びつけます。タッセルは出来合いのものもありますし、自分で紐を使って好きな色で作っても良いです。今回はリリアンの糸でタッセルを作りました。

つり下げ用の紐は、同色のリリアンの糸を三つ編みにして作りました。

もう片方のボタンの糸通し部分は、ペンチなどで取り除いておきます。両方付けたままだと、出っ張り部分が重なって、ピッタリ合わさらないので・・・

ひもの端が多少デコボコしても、くるみボタンを2枚合わせると、内側に空間が出来るのできれいに収まります。

Scissorskh3

upwardrightボタンの内側に、紐の端をうまく入れ込んで合わせ、ボタン同士をまつり縫いで合わせます。つり下げ紐と、タッセルが上下にバランス良くなるように注意し、ボタンの柄に上下がある時も、曲がらないように気を付けます。

Scissorskh4

upwardright縫い目を隠すようにリボンを貼っていきます。てっぺんから両側にリボンを垂らすようにするので、リボンの中心に、縦に切り込みを3ミリほど入れます。その切り込みから、つり下げ紐を上に出して写真のようにします。

Scissorskh6_2

upwardright木工用ボンドをつまようじなどで薄くのばしながら、周りにリボンを貼り付けます。タッセルの部分でリボンが少し重なるように貼り合わせて、端をきれいに切ります。

Scissorskh5

出来上がりで~す。ほんとはつり下げ紐のところに大きめのビーズを通して、リボンの切り込みを隠そうと思ったのですが、紐を三つ編みにしたので太くなり、ビーズが通せなかったのです・・・いつもの失敗\(;゚∇゚)/

このつり下げ紐をもう少し細く作ったら、ビーズが入ってちょっとキラキラにできそうです。

ビーズ用ボンドでデコ用のスワロを貼り、くるみボタンを作ったら、豪華な作品が出来そうですね(*^.^*)

シザーキーパーということで作ってますが、ストラップにもできますよね。もう少し違うデザインの作品を作ってみましょうかねnotes

Hakushua_2



« 作る!シザーキーパー試作 | トップページ | 作る!ハートバッグのチャーム »

クラフト・工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 作る!シザーキーパー試作 | トップページ | 作る!ハートバッグのチャーム »