« ファミリー花火って | トップページ | 旧開智学校 »

2010/08/11

長野 松本城

先週末、お城が大好きな主人と二人で、長野県にある松本城(国宝)へ行ってきました。お城をじっくり見物したい主人は、これまでは一人で出かけたりしていたのですが(私が一緒だと「早く帰ろう」とか言うので)、今回私も同行することにしました。(ただの気まぐれ)

せっかく長野まで行くのに日帰りはヤダー!

と私が言ったので、温泉宿を予約しレッツゴー。しかし高速道路1000円のおかげ&事故渋滞のおかげで遅くなり、行った日は何も観光できずに終わりました。。。

しかし久々の部屋食と温泉で元気になり、翌日。8:30開城だというのでなんと、宿を8:00にチェックアウト・・・あうっ o(;△;)o

もったいないよ~~そんなに急いでいかなくても良いじゃん・・・

と思ったけれど、昨日は何も観光できなかったし、私も少しは見たい所があるんだいっ

ということで、とりあえず松本城へ急ぐ。

Matsumotocastle

どおぉぉん。松本駅からほど近く、町中に突如現れる黒~い天守が松本城なのでした。お城ファンならずとも結構感動してしまった。かっちょえ~。そしてデカい。

↑天守を真中に、向かって左が乾小天守、右が辰巳附櫓、その奥にちょこっと赤く欄干ぽいのが見えてるのが月見櫓です。

Matsumotocastleb

↑天守の左右に袖が付いてるL字型なわけですが、裏側に回ると、お堀の代わりに芝が広がっていて、上の写真のように見えます。

これを主人が見たら、「せっかくのお城の写真に解説なんか付けちゃって」

ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・; ゲシゲシ とかいって怒り出しそうですが・・・別に私はこだわりないし、いいんだ~~foot

酷暑の中にあって、幸いにもこの日だけ曇天。ラッキ~noteと、さっそく天守の中へ入ってみました。

Tenshu3

天守3階の写真です。この天守は5層6階という構造で、表から見ると5階建てに見えるのですが、この3階の部分が隠し部屋になっていて安全(窓がなく、外から見えない)なため、戦の時武士が集まる部屋だったといいます。なるほど天井が低いです。

4f

天守4階の写真です。この階は下の3階と違い、天井も高く、四方から光が入り明るいです。柱はすべてヒノキで鴨居の上には小壁もあり、城主がいるところ(御座所)になったということでした。

From6f

天守6階からの西側眺望です。すでにここまで登った時点で開城から1時間ほど経過しており、6階(最上階)は人が多くて写真が取れない状態でした。あ~あ・・・。お城を見に来る人がこんなに多かったとは。主人はそれを知っていて、8:30には行かないと~!と、騒いでいたのでした。そんなにあわてなくてもお城は逃げないよ・・・と、軽く考えていた私。すまんね。

「いや~、先頭に並ばないと、誰もいない建物の写真は撮れないんだねー」と私が言うと、「次回はもっと早く来ようね」とかシレッという主人。

(次回って・・・?お城って何回も行くものなのか・・・?)疑問に思う私でした・・・

天守を出てから内堀づたいに一周し、いろんな方向から天守を見ることが出来ました。

Ishiotoshi

乾小天守の壁には石落と矢狭間、鉄砲狭間が備えられています。構造が整然としていて、美しいです。この天守が400年も前の建築だなんて、ほんとすごい技術ですよね。

Kuromon

天守を一周して初め入った場所に戻ってきました。これは黒門(天守に入る正門)の写真です。こことこの下の太鼓門は復元なので、現存しているのは天守だけということになります。

Taikomon1

外堀側から撮影した太鼓門です。枡形をしていて、ここを入ると右奥にもう一つ門があります。

Taikomon2

ここが奥の門です。一の門を突破しても、この枡形の中で二の門を壊しているうちに、上から狙い撃ちされてしまうのですね~・・・(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

そのほかに本丸御殿跡、二の丸御殿跡などをみて、今回の松本城見学は終わりました。

この後主人は博物館にも行ったようですが、私はナワテ通り見物に・・・。そのあと、日本で最も古い小学校のひとつ、「旧開智学校」(重要文化財)の見学に行きました。

そのお話はまた次回に・・・school

Pochisanpo



« ファミリー花火って | トップページ | 旧開智学校 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ファミリー花火って | トップページ | 旧開智学校 »