« 作る!パッチワーク風コースター | トップページ | 作る!センタークロス »

2009/12/07

作る!きめこみパッチワーク お正月用

もうすぐクリスマスですね~。クリスマスが近づいてくると、そのあとに控えているのはお正月ですよね。お正月用のお飾りって、クリスマスツリーやなんかを片づけた後に、ささっと飾るということが多いように思います。

で、小正月が過ぎると片づけちゃうので、表に出てる期間が極端に短いんですよね・・・。日本の伝統行事ともいえる「お正月」が、これではかわいそうなので、クリスマスとちょっとかぶせて早めに出してあげると、長く楽しめるんですよね~。

とはいうものの、我が家のお正月のお飾りは、大したことはしないのですが・・・。

例年門松は門に付けるタイプのものとお鏡餅を買って、お玄関にはきめこみパッチワークを飾っておきます。さらに、ラッキーな年は、いけ花を習っている姑が、お正月用にカッコイイ、活け花を我が家にも作って、プレゼントしてくれます。これがあると、お玄関が一気に豪華になります。来年はどうかな~~notes

さて、お正月用のきめこみパッチワークは、毎年同じものを飾るわけですが、私が購入したキットは、9つのマスにそれぞれお正月にゆかりのあるモチーフが並んでいるというものです。

Tori

中央が酉さんのモチーフになってますね~。そうなんです、これは酉年に購入したキットなのです。じゃ、12年に一度しか使えないじゃないか・・・!と、愚痴ってはいけません。

真中だけをくりぬき、毎年干支に合わせたモチーフを自分で作り、はめて、飾ればOKでございます。

なにしろ、このキットは一見すると単純な図柄で、簡単に作れそうに見えます。しかし、この作品が今まで手掛けたきめこみパッチワークのなかで、最も時間を要し、途中で何度も挫折しそうになった一品なのです。

なぜかというと、きめこみ自体は確かにそんなに時間はかかりませんでしたが、付属の小物を付けるのがとにかく大変だったからです。なので、毎年つかわねばもったいないというもの・・・。それ以来毎年新しく干支の部分だけ新しく作ってはめ込んで飾っているというわけです。

来年は寅年ですね。和柄の布の切れっぱしを使い、今年も作りました。

Tora1

中央のマスだけ、入れ替えました。まあちょっと、赤べこのトラみたいになってますが、十二支のうちの寅だということが伝わればいいということで・・・。

スルドイ方はお気づきでしょうが、今回、境界線に黒いテープを井桁に貼りました。このテープは当初よりキットに含まれていたものですが、お葬式みたいだな~と思ったので、今まで使わずにいたのですが・・・。ここまで作った紆余曲折をご紹介したいと思います・・・。

まずトラさんを作りました。

Toraup

くりぬいて同じサイズで作ったとはいえ、ピッタリ美しくはめるのは難しく、どうしても隙間が出来てしまいます。さらに、マスの上部は布が足りず(初歩的ミス・・・)布端が見えてしまいました。でもやり直したくない。どうしよっかな~・・・

と、思い出したのが、黒い縁どりテープ。まだあったかな・・・。とガサゴソ探して、見つけました。5年ほど前の代物ですがまだノリが付いていました。

Toraupkuro

おっ、思いのほかバッチリ決まったな~。って、キットなんだから当たり前か。酉年の時から使ってればよかったんだ、やっぱり・・・。(・_・)エッ....?

しかしアップで見れば見るほど、寅の頭部に付けた縞模様が、カツラに見えてくるのは私だけでしょうか・・・。

周りを囲むお正月モチーフについても細かくご紹介をしたいと思います~。

Kagamimochi

まずは鏡餅。白地にお餅が目立ちませんが・・・。お餅部分はフワフワ生地で可愛いです。

Ema

絵馬です。「寿」という字はあらかじめフェルトが切り抜かれていて、裏に両面テープが貼ってあるので、簡単です。 こう言った所が非常に親切ですよね~。破魔矢のところはつまようじなんですね。穴の所にあるのはビーズなんかに使うパーツです。全部キットに入っているものです。

Daruma

これはだるまちゃんです。 まゆげやおひげがめんどくさい・・・。型紙はあるのですが小さく切り抜かなくてはならないので・・・。

Temari

これはてまりですね~。簡単でした!柄もかわいいしheart01

Hisago

ヒョウタンも簡単でした。しかし、布によっては切った端からほつれてくる扱いにくいものもあり・・・。

Tai

めでタイ・・・。ウロコの部分など、あつらえたような柄の金襴が。キットならではですよね。ほんの5センチ角だけ必要なのに、たくさん買えば値が張るものばかりです。

Koduchi

打ち出の小づち です。ヒモをまわして留めていく部分が実は手間だったりします。

Kadomatu

門松の竹部分はジャージのような生地で曲がりやすく、きめこむときに引っ張られて難しかったです。

最後に・・・これまでの干支、自作モチーフをご紹介したいと思います~。

Inu

酉の次は戌でした。目の部分、黒いビーズの大きなのがなくて、「ひんしゅくを買っている戌」みたいな表情になってます(;´Д`A ```

さらに、金襴などの布がなく、これはキットでないのがつらいところです。かろうじて何かの残りで、首輪に使いましたが、目立ちませんでした。地味な戌年。

Inoshishi

戌の翌年は猪ですね~。鞍の部分に残りの布を使いました。

結論としまして、キットに勝るものはないわけですが、毎年使える季節の作品ですから、こうして大事にしていこうという趣旨に基づいて、この時期になると翌年の干支モチーフを作成しているという次第です。

そして、これらを捨てずに取っておきます。干支が一周すればこっちのものです。

(?)

なぜならば、その翌年からはもう作らなくても済むからで~すsign01モチーフを入れ替えるだけでOKです。

そのころには私は何歳になってるんだろう。゚.+:。(・ω・)b゚.+:。アレ?

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へfujiお楽しみいただけましたか~?最近また編み物を始めました。



« 作る!パッチワーク風コースター | トップページ | 作る!センタークロス »

きめこみパッチワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208250/32521086

この記事へのトラックバック一覧です: 作る!きめこみパッチワーク お正月用:

« 作る!パッチワーク風コースター | トップページ | 作る!センタークロス »