« 作る!ハロウィンはんこ | トップページ | 作る!Wガーゼのマフラー »

2009/10/23

作る!トートバッグ 1

今回はA4サイズの、裏地付き、秋色トートバッグを作りました。ドット柄×いちごの綿麻生地を使って秋らしいデザインのバッグになりました。

小さく折りたたんでバッグに入れておけるように、軽く、コンパクトに仕上げることを目指してデザインしました。

Deki_2

まずは出来上がり写真です(゚▽゚*) ツートンの本体に、ドット布で持ち手を作り、トーションレースで飾りを付けました。クチュリエのタグも挟んでみました。

内布はパリッとしっかりめの布で作り、接着芯などは使いませんでした。持ち手はアクリルのカバンテープなどでももちろん充分ですが、今回は「コンパクト」をコンセプトにしたバッグを作りたかったので、あえて、柔らかく仕上がる共布で作りました。

Tatami_2

小さく6つにたたんでコンパクトに。15センチ角くらいの大きさで、重さは100グラムでした。

Tag

持ち手とタグはこんな感じです(*゚ー゚*)

Uchinuno2

また、内布はなんでも良いのですが、接着芯を入れないので、薄手ですが、ハリのある生地を使っています。

ご興味のある方は、このバッグを作った手順と必要な材料、型紙等を以下にご紹介していますので、ご参考になさってくださいね。

※この作り方には欠点が1つ・・・それは、今回のご紹介が、表布と内布を別々に縫ってから合わせるデザインのため、それぞれの出来上がり幅が5ミリでも違ってしまうと、縫い合わせた時大きいほうがヨレる、という点です。そのため、非常に正確に作ることが要求されます(´△`)そんなぁ~

ヨレてシワになった時は、入れ口を一周、バイアステープでくるんでしまうといいのですが、持ち手を一緒に縫い込むデザインのため、それができません。なので、次回は、別の作り方をご紹介したいと思いますので、気長に待っていていただけると幸いです。

ちなみにわたしも今回のバッグで少し合いませんでしたが、最後にテキト~につじつまを合わせて縫ってしまいました。。。。。イツモスミマセン

Zairyou_2

出来上がり寸法は、幅27センチ、高さ36センチで、マチはついていません。A4の封筒がピッタリ入るサイズです。縫い代込みの寸法で、縫い代はすべて1センチです。布の他に、トーションレース、山道テープ、タグなどを用意しました。

制作時間はおよそ、3時間前後かと思いますcherry

01

まず、表布のパーツをはぎ合わせます。縫い代をアイロンで割って、はぎ目にトーションレースで飾りを付けたところです。

02

トーションレースは濃いこげ茶色で、サテンのテープが通っている素敵なデザインです。出来上がり写真などで、遠くから見ると無地の茶色のテープに見えてしまいますが、こんなに凝ったデザインなので~す(。・w・。 )

03

次に内布を中表にして1センチの縫い代でサイドと底になる部分の3辺を縫い合わせます。サイド上部の縫い代をアイロンで割って、入れ口に1センチの縫い代(2ツ折り)をアイロンで付けておきます。

05

こんなカンジです。こうやっておけば、後で内布と表布を縫い合わせるときにきれいにできます。

04_2

表布も同様に中表にして3辺を縫い合わせます。タグなどを挟みこむときは、このときに一緒に縫いましょう。布のはぎ目のところは、表と裏がきれいに合わさるように良く注意してマチ針を打ってくださ~い。

こげ茶の布はリバーシブルなのですが、今回水玉の方を表に使いました。

06

同じくサイドの縫い代を割って、入れ口部分を折ってアイロンをかけておきます。ここだけ縫い代が3センチくらいありますが、間違えて大きく裁断してしまったためです・・・スイマセン。型紙通りなら、縫い代は1センチです。しかしこの写真のように、折り返し部分に幅があったほうが、内布と合わせる時も、持ち手を付ける時も安定して作りやすいな~と、ちょっとだけ思いました。失敗したことから新しい発見がありました~。

・・・・φ(・ω・ )メモメモ・・・・

Mochite1

持ち手を作りま~す。写真のようなかばんテープなら話はかんたんで~す。面倒な方は、このテープを24センチに切ったものを2本ご用意ください。折りたたんでコンパクトバッグを目指すかたは、ちょっとひと手間で作りましょう。この2.5センチ幅のカバンテープがあると、便利です。芯に入れてアイロンを当てると均一な幅の持ち手が作れます。なければ、幅が2.5センチになるように折り合われば、問題ありません。

二つ折りにした方の布端が、持ち手の幅の中央に来るように合わせて、アイロンを当てます。

Mochite2

こんな感じです。アイロンを当てたら、芯を抜いて、(カバンテープは大きさの目安に使うだけで、一緒に縫うわけではありませんよ~)もう一度アイロンを当てておきます。

Mochite3

今回は山道テープを上に乗せて、一緒に縫っています。山道テープを付けずに、端ミシンだけ掛けても十分用は果たせると思います~。この辺はお好みで。。。

07

あと少しで完成です~ファイト~up表布袋の中に、内布袋を入れ込みます。底の角をしっかり合わせたら、入れ口の大きさが合っているか確認します。両サイドの縫い目をまず合わせてから、中心へと、マチ針を打っていきます。

さらに、表布と内布の間に、持ち手の両端を入れ込んでマチ針を打ちます。

08

ここでは、サイドから5センチの所に持ち手を付けています。お好みに合わせて、デザインを確認してください。寸法通りに作れば、内布袋の方が2~3ミリ、内側に入るようになっているはずです

Uchinuno

・・・こんな感じです。

で、ぐるっと一周縫えば、出来上がりです(*^.^*)

Deki2

今回写真が多めで説明が長くなってしまいましたが、いかがでしたか?次回は、表布と内布を同時に縫ってひっくり返す方法で作るトートバッグのご紹介をしたいと思います。

作り方や型紙を載せていると、沢山の方がご来場くださるので、楽しいです~。このブログでご紹介するレシピは必ずしも正解ではありませんが、皆さんのハンドメイドの一助となればと、掲載させていただいております。その点をご理解いただき、ご参考になさっていただければ、幸いです。

ではまた、次回お会いしましょう (_´Д`)ノ~~

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ←楽しんでいただけましたかappleいつも応援ありがとうございます(*^.^*)


« 作る!ハロウィンはんこ | トップページ | 作る!Wガーゼのマフラー »

ぬいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208250/31909994

この記事へのトラックバック一覧です: 作る!トートバッグ 1:

« 作る!ハロウィンはんこ | トップページ | 作る!Wガーゼのマフラー »