« 作る!BOXティッシュ用カバー | トップページ | 飾る!試験管を花瓶に »

2009/07/13

ラベンダースティック みたび

今年のラベンダーは、初回にたくさんの花穂を付けてくれたので、たくさんのラベンダースティックや、バスケットなどを作って楽しむことができました。タイミングなどにより、ラベンダーを切り戻すと、もう一度花穂を付けてくれる年があるのですが、今年は一回だけだったようです。うぇ~ん・・・。でも、地植えにしたラベンダーも、うまく付いてくれたので、来年はもっとたくさんのラベンダーが収穫できる予定で~す r(^ω^*)))

Fancylavender2009

お友達にあげたものもあるので、残っているものだけ撮影しました。2009年の収穫分で作ったラベンダーたちです。まず、手前にあるのがいろいろな本数で作ったラベンダースティックです。奥の3本は、9~13本くらいで作った細身の作品で、1本の茎につき、一本のリボンをくぐらせていくタイプです。手前の2本のラベンダースティックは、見た目も大きい仕上がりですが、22本どりで作っています。

2honup

これは上の写真のように、茎を2本ずつ、リボンをくぐらせて作るタイプです。

真中にある中途半端なリース ( ̄Д ̄;;・・・は、茎の短い(ラベンダースティックに使いにくい)残ったラベンダーを、リースに針と糸を使って留め付けていったものです。ぐるっと一周するつもりだったのが、ラベンダーが足りなくてここで終ってしまいました ( ´艸`)プププ

Basket

写真の一番上に飾ってあるバスケットタイプの作品は。。。茎の短いラベンダーでも、その他に4~6本、茎の長いラベンダーがあれば作れる、というタイプの作品です。

茎の長いものを、花穂を配置する段階で両サイドに2~3本ずつくらい配分しておき、花穂全体の長さの半分くらいのところまで編んだら、リボンで結んじゃいます。で、短い茎はそこで切り落として、残した長い茎4~6本くらいでてっぺんをかわいく留めれば出来上がりです。両方の茎の端を丸く曲げてそれぞれを重ねれば、ほんとのバスケット風になるかも・・・。

北海道に行けたら、是非一度、ラベンダー畑で、両手いっぱいにラベンダーを抱えてみたいものです ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

ラベンダースティックの作り方の一例を、以前のブログでご紹介しています。よろしかったらそちらも是非、ご参考になさってくださいねribbon

↓↓↓ ラベンダースティックの作り方 ↓↓↓

http://tealounge-aroma.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-9547.html


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド雑貨へ

« 作る!BOXティッシュ用カバー | トップページ | 飾る!試験管を花瓶に »

クラフト・工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208250/30524809

この記事へのトラックバック一覧です: ラベンダースティック みたび:

« 作る!BOXティッシュ用カバー | トップページ | 飾る!試験管を花瓶に »